BLOG

考え続けてきた事。


5年間モヤモヤしてきたこと。

ずっと雲が晴れないので、今年を境に気持ちをスッキリさせました。
今新しいイメージブックを作っています。もう直ぐ完成ワクワクです。

 


わたしは障害者服デザイナーと呼ばれることがあります。

その呼び名に違和感があります。

障害者のためのファッションではなく、あなたという1人の人のためのファッションを作ってます。

サポートが必要な人、あった方が助かる人がいて、服を作る上でそれがどのような事なのか知る必要がある。解決できる方法を考えながら服をつくる。

胸のボタンは留まるけどお腹のボタンが留まらないどうしよう、それと同じ。
ひとりひとりが持つ課題を解決しながらデザインをつくる。

障害健常関係ない。

 


バリアフリー、ユニバーサル、その他諸々…ファッションに冠は必要ない。

ファッションはファッション。冠を付ける必要ない包容力がある。

 

多様性を!共生社会を!と、声を張り上げるより、ただ普通に、当たり前に、一緒に過ごせばいい。

向き合うひとりひとりを大切にすればいい。

それをだまってずっと続ければいい。


誰かと比較する必要もない。
あなたはありのままでいてください。

 

ありのままの自分を好きでいられる服作り。

寄り添い一生を伴走する服作りでありたい。

o0480038013784678368

2017SSコレクションします。
申込フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/1469aeb5414735

o0480066013784678413

o0480066513784678475

 

Comment-form