BLOG

車いすで着物を着て七五三のお参りへ。

こんばんは。
アトリエエスプリローブの鈴木綾です。
今から2カ月ほど前、ある1通のメールが届きました。
間も無くやってくる七五三に向けて、衣装を悩んでいらっしゃるとのこと。
お着物が着たい。でも車いす。どうにか着ること出来ないか、それとも諦めるか。
男の子の母親にとって、息子の5歳のお祝いは特別な日です。
自分から異性が産まれ、どう扱って良いかわからないまるで異星人の育児に奮闘し、5歳まで大きくなってくれたことに母はただただ感謝と、誇りを持ちます。
やっと5歳、もう5歳と、嬉しいような切ないような気持ちで、息子の晴れ姿を眩しく見つめる日。
私も長男次男の時は着物を着ました。
{FED51090-61D7-4A2F-BDE1-B15E3CFAB7F5:01}
息子に袴を履かせ、隣を歩く自分も息子のために着物を着てあげたいという、お母様の気持ちが痛いほど伝わってきました。
『この七五三を成功させたい』と思い、車いすでも簡単に着られるよう着物と帯をリメイクし、レンタルできるように整えました。
先日、嬉しいメッセージとともにお写真が届きました。
お母様のお母さんが着付けをしてくださったそうです。
{83BC5D06-21E5-4E78-8BCC-FC6EC42A7538:01}
《お母様からのメッセージ抜粋》
子供の成長を改めて感じる事が出来とても幸せな日となりました。 
感謝をどう表現したらいいのか、めちゃめちゃ 嬉しかったです。
普通のお母さんに近い事をしてあげられたかな。。。
今日の出来事が、また明日からの元気の元!
本当に綾さん、ありがとうございました!
{F9FB4538-E269-4538-8F38-602D2ACE0490:01}
そして、息子さんから寝際に、今日のお着物着たお母さん可愛かったよ、と言われたそうです。
なんて素敵なお子様!素敵なお母様!
私は僅かなお手伝いに過ぎませんでしたが、この大切な日を一緒に喜べたことが何よりも嬉しかったです。
子供たちの未来が輝かしいものでありますように。