BLOG

明日から「第40回国際福祉機器展」が始まります。


おはようございます。

障害があってもファッションを「自由に」楽しもう!エスプリローブデザイナーのayaです。

明日から、東京ビッグサイトで「国際福祉機器展」が始まります。
今年で40回目であり、国内は約530社、海外からは16ヶ国以上の出展がある大展示会です。

この道40年の大先輩からお声をかけていただき出展の運びとなりました。


私たちは、困ったという声からアイデアを起こしたアパレルの商品やサンプルを多数持っています。
それを今回全部お見せすることは(ブースの大きさ的にも)出来ませんが、そのアイデアをどこかに買いとってもらいより多くの人に提供して欲しいとか、(私以外の)メンバーはだれも思っていません。
機器展でありながら、この出展は衣服を提供することを目的としていないのです。

そこには、今回この出展を決意した代表の思いがあります。

「衣服製作や販売の立場の人達が、はじめから障害者の服は特別に設計しなければならないものだろうという考えが先行してしまっている限りは、ユーザーに喜ばれるものにはならないのです。

障害を個別性ととらえ過ぎることで、たとえ問題が解決しても、ファッションから遠ざかってしまい、結果的に嬉しくない商品になることもあります。

これからは、一般のアパレル産業分野が、今までビジネスとして取り上げてこなかった“障害”のことを正しく勉強することで、大きな変革が期待されると信じています」

自律や社会参加を実現するための第一歩として、着る人が納得いく装いが出来るようになるために、困っている方々が自らのことばで思いを伝え、それを衣服や医療や福祉の分野の人々とコミュニケーションをとって、出来るだけお互いに良い方法で解決していくことに尽きると思っています。(代表)


これまでは、良かれと、代弁されたり与えらてきた立場の障害者と障害児の親が、このイベントの中身を今日までじっくりと話し合い進めてきました。
正直、私もこのチャレンジ企画がどのようなものになるかわからないので少し緊張しちゃいますが、女子が大好きなファッションの語り場になることは間違いないです!

自分たちのことは自分たちが発信しなきゃ!とアクションを起こされることが何よりも楽しみでしかたありません。

どうぞ応援にお運びくださいませ!

{5AC914AD-D48A-4873-AB14-B233497FFBD7:01}


昨日、ボランティアで参加してくれたイベントディレクターと設営に行ってまいりました。



コンパクトで可愛いお部屋をつくってきましたよ♪
{CCA6E41B-3D42-4295-B98E-972B30D90D9F:01}

2013.9.18~20
第40回国際福祉機器展(HCR2013)入場無料
東京ビッグサイト東4ホール内
『4-07-06ブース
福祉技術研究所(株)』

9.20(金)13:30~14:30
『出展社プレゼンテーション』
東3ホール内
東展示棟1F1-B会場
車いす着物の着付け実演とファッションコーディネート実演

その他、まだ受付可能のセミナー
「介護で腰痛にならないための基本技術を学ぶ
~ボディメカニクスの理解と活用 」
「福祉施設の実践事例発表
~役立つ活かせる実践研究、工夫とアイデア」
【新】「超高齢社会のまちづくり
~柏市豊四季台地域での取り組みをつうじて」
「福祉施設での感染症の知識と対応
~知っておきたい感染症対策のポイント
【新】「再生可能エネルギーの活用による障害者雇用の促進
~エネルギーの地産地消に貢献する福祉施設」

Comment

  1. エスプリローブ アパレルデザイナーさんお初です(人´∀`)
    エスプリローブ アパレルデザイナーさんのブログよく見てます゚.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。 イイジャナーイ!!あ、でも見てるだけってのも寂しいと思ったので今日はコメントしちゃいました(o≧∀≦)oあ!それでですね…実はエスプリローブ アパレルデザイナーさんのことちょっと気になってます(*ノノ)キャッ(*ノωノ)キャッ(*ノω゚)ゝチラッ(*ノωノ)キャッ(*ノノ)キャッもしよかったらでいいんですけど、メンバー申請してもいいですか?メッセージの設定してないのでメールしてもらえるとうれしいです(◎>U<◎)まってますね(*´∀`*)

    返信

Comment-form