BLOG

ディスプレイミュージアムへの道のり


横浜のシルクセンターが4月にリニューアルオープンし
それを記念して開催中の(6/10まで)
「桂由美ブライダルコレクション」へ行って参りました。

1996年~2012年のコレクション約70点。

福岡にいた頃、桂由美先生のトークイベントで衣装を見せてもらったことはあったけれど、間近で見られる機会はないと思い、開催ギリギリ見に行くことが出来ました。

ちょっとね、軽い気持ちで行ったのよ…
シルクセンターだからね~ってちょっと舐めてかかってました。

…入った瞬間、軽くめまいがしました。
うそ…こんなにすごいの!?

強烈に嫉妬心が沸いたと同時に尊敬の念で平伏したい気持ちになりました。

ああ、やっぱりトップデザイナーだと。

印象に残ったのが
「これまで数百点のドレスを作ってきていても、それでも毎年デザインを起こすのは容易な事ではない」(みたいな)

1つのドレスを作り上げるまでの産みの苦しみと、出来上がったドレスへの愛情がそこに語られていました。

私は、ショーケースを手油まみれにしそうなくらいに張り付いて、
で、ガラスが鼻息で真っ白になるくらい興奮して
1点1点しっかり脳みそに刻印してきました。

パリオートクチュールコレで使ったアクセサリーにも釘付けです。

そうそう、アクセサリーもかなりありましたね。
異なるテクスチャーをうまくミックスさせた、気持ちいいほどにダイナミックなアクセサリー!

同じくドレスもダイナミック!

みんなさら~っと見学していて、私のように縫製を細かくチェックしている人はまずいなかったですね

ブライダルってそもそも花嫁だけの為にあるんだから、1度着ることだけを考えれば良いんですよね。

私は手入れをしやすい縫製と生地じゃないとって考えて作っているなと気付きました。
レンタルドレス屋じゃないんだから、その考えが根底にあることでデザインに規制をかけていると感じました。
今日見たドレス絶対洗えないでしょ~的な(笑)ものばかり。
ドレスに思い切り絵を描いたり、オブジェのようだったり…。

そんなわけで、デザインとはなんぞやと色々考えさせてもらいました~。

ほんで 滅多に外出できないので出来る日には一気に行きますよ

続けてディスプレイミュージアムへ。

久しく行っていなかったので、すっかり道を忘れていました。

そう、私は地図が読めないオンナ!
自分が進む先には、必ず行きたいところへ辿り着くと思い込んでいるオンナ。

でも最近その考えはイカンということに気付いたので、まさかこっちじゃないだろ的に歩いたら無事到着できました

ディスプレイミュージアムもこれまた私を興奮させてくれる所で…
もう長くなるので止めます。
帰り道、今度は間違いなく行けるように道順をチェックしました。

なんの!超簡単!
迷わず行ける道をレクチャーします。(誰のために??)

横浜そごうからベイクウォーターへ抜ける動く歩道を通ります。
ベイクウォーターへ入ったらそのまま突き当たりのカフェまでストレートに行きます。
ここを右です。↓

まっすぐ行くと2股に別れますのでまた右へ。↓

地上に降ります。
水色のビルの前に出ます。(角に交番アリ、ここ昔捕まった。。。ここUターン禁止よ警官隠れているから気を付けて)奥に見える道をまっすぐ行くと見えてきます。↓

なんでこんな簡単なのにっ!

でも、でも、この辺迷子になっている人が沢山いました。
どれもこれも同じような高層ビルで、地図も案内図もロクにない。
150cmが地上からビルの名前を見上げて確認するのつらいわよっ

地図あっても読めないから(読む気がないから?)分かりやすく表示してくださ~い

さて、明日も繰り出します。
12-13AW展示会巡り~

何事もなく行けますように   

Android携帯からの投稿

Comment-form