BLOG

ドレスカバーは何がいい?


おはようございます(*^▽^*)

ホームページの校正チェックで夜更かししたので、今朝は眠気と頭痛で辛いです(^-^;
頑張っておちびさんたちを送り出しました

ホームページは来週にもリニューアルします。

今ある手作りのサイトが消えてしまうまであと僅かです。
色々と思いの詰まったサイトなので少し寂しい気もしますが、素人には限界があるのでプロにある程度ベースを作ってもらいそこから発展させていきたいと思います。

今日は、ドレスカバーについてです。

これまで数々のドレスを作ってきましたが、それと同時にドレスを収納するカバーも色々と試してきました。

一般的なのは、肉厚のビニル製のカバー。

ドレスショップ巡りをされたことあるかたは、きっとご覧になったことがあると思います。

チュールやレース、オーガンジーなどの裂けやすいもの、ビーズやスパンコールといった引っかかりやすい装飾のドレスにビニル製は安心です。

また、ドレスショップや衣装室からブライズルームまでの移動の際に汚れる可能性もあるので、ビニル製は頼もしいです。

しかし、私はビニル製のカバーを使用して何度も残念な思いをしました。

ビニルの素材の強さに負けて中に入っているふんわりとしたドレスが潰れていたり、ビニル臭がこもっていたり、1度も着ていないドレスが何度か着たかのような、くったりとした感じになりました。

他には、不織布の(織られていない紙質の布)カバー。

こちらは柔らかいのでドレスをそっと包んでくれる気がするのですが、ぺったりとドレスに張り付き、ドレスと一緒にしわになってくれちゃいます しかも静電気がすぐに発生します。

ドレス移動時のカバーを除いては、この様なオーガンジーのカバーが個人的にはおすすめです。

作ったあとたたんで保管し7年ほど経っていますがフリルが潰れていません。

オーガンジーカバーには適度なハリがあり、織り目の隙間から空気を取り込んでくれます。
保管中もドレスに息をさせてあげたいものです。

これから、結婚式へ向けてドレスショップ巡りをされるかたは、ドレスの陳列状態をチェックしながらショップ選びをされるのはいかがでしょうか。

ギュウギュウに押し込まれたドレスたちもあれば、1点1点愛おしく並べられたショップなどそれぞれショップのドレスへの愛情がよ~く見えてきますよ

6月23日、24日に横浜元町の西洋館「エリスマン邸」でイベントを開催します。
みなとみらいを一望する丘の上に建つ西洋館巡りデートを兼ねて、どうぞご来場ください
 
ご案内はこちらから

Android携帯からの投稿

Comment

  1. そうだったのね~。
    オーガンジーのカバー、気が向いたら作ろうかな(*^_^*)
    衣裳のスカートが、ペチャンコになるのよ。
    いいこと教えてもらったな♪

    返信

  2. Re:
    >yukaさん
    チュチュの保管は難しいよね~(・Θ・;)
    裏返してる?裏返すだけでもだいぶ違うけど。
    一番は重ねないこと潰さないことだけど、嵩張るからなかなか出来ないよね~。

    返信

  3. チュチュは大丈夫なのよ。
    ロマンティックチュチュ(ドレスみたいなの)が、いつもペチャンコでさ~。
    腐食布のカバー使っても、カバーが毛羽立つばかりで、見た目もきれいじゃないしね。。。

    返信

Comment-form