BLOG

神戸ファッション美術館


ここ、ここ!!

今回、神戸へ行って良かったな~と思った場所です。

子連れだから諦めていましたが、隣に公園があったのでコドモを遊ばせて貰っている間に見学することが出来ました。

DVC00163.jpg 
ちょうど開催されていたのは「感じる服 考える服 東京ファッションの現在形」展です。

本当は来月からのオートクチュール展へ行きたかったのだけど、せっかくだからと入場したこの展覧会、期待を軽く超えてくれました!!

DVC00162.jpg 
中は撮影できないので入り口のトルソーのみ。

DVC00165.jpg 
馬のアップを撮ってくれば良かったと後悔しています。
革の洋服を貼り付け馬を形成しています。

中に入ると牛革の服を貼られた牛もいました。
あまりにリアルで度肝を抜きました。

これはサスクワァッチファブリックスの作品です。
馬や牛の瞳が何かを訴えている感じがしました。

その他出展ブランドです。

・ソマルタ
・シアタープロダツク
・リトゥンアフターワーズ
・アンリレイジ
・h.NAOTO
・ケイスケカンダ
・まとふ
・ミナペルホネン
・ミントデザインズ

ファッションとは何か?
奥の世界を深く考えさせてもらえる展覧会でした。

触ることが出来ないので、服との距離わずか10cm弱という位置で穴が空きそうなほど見つめてきました。

個人的に、h.NAOTOとまとふの作品はテキスタイルが凄い!!と思いました。

こちら4月1日で終わっちゃいます。

その他のブースでロココやバロック、ゴシック時代などのドレスや復元ドレスもありました。
復元ドレスは手袋をして触ることが出来る様になっていたので、もちろん触って頭に構造をインプットしてきました(笑)

地元の学生さん?もメモを取りながら勉強していました。
こういう良い環境がある都市と無い都市とでは学生に及ぼす影響力が断然違うなと感じました。

最近の私は、生産性を考えることに偏ったり、機能性に捕らわれたりしていたので、遊びを交えたクリエイティブな視点をバランス良く加えないといけないなと刺激を受けるとても良い機会になりました

Comment-form