BLOG

だんだんと重圧が…

カメラマンと打ち合わせしてきました~。
新聞の連載記事や婚礼撮影などもされてるプロです。
知り合いなので破格値でやっていただけます。感謝です
試し撮りして画像チェックしてます。
障がいと暮らす服★ユニバーサルファッションの取り組み日記-111009_130911.jpg
試しのモデルしてきました(^o^)
何をどう撮ってほしいかきちんと整理してなく漠然としていて
(プロだから任せとこう的な思いが若干ありまして…)
あまりにいい加減を見兼ねたのか、漠然としたイメージを今にも目に浮かんで来るようなものに組み立てて行ってくれました
ああ…プロだ…
今日も思いました。
自分一人では何も出来ないと!!
考えを相手にちゃんと伝えられる仕事をしないといけないと 伝える力が全然足りない
それから、別の方ではWEBも進めててもらっています。
私はパソコンに限らず機械音痴で、ホームページを作るなんて滅相もない。
ここでも思い描くものをきちんと伝えられず、きっとどうしたいのだろうと困っている事と思います。(ここでもプロに任せようとの思いが若干 …すみません)

別の方面では縫製をしてくれている工場さん、親友、そしてモデルさん、美容師さん。

色々な方を巻き込んで、果たして自分自身は良い物を作れているのか考えると怖くなって、どきどきして震えが止まりません
今、ものすごい重圧がのしかかってきています。
けれど、自分一人でやっててはこんな重圧もないはずです。
人と関わることで自分に圧をかける分、商品自体を真剣に見つめなければならないと感じました。
恐怖で何だか泣きそう…
うんにゃ!泣かん!
がんばらんば始まらん!
みんな一生懸命こんな自分の為に動いてくれている!
感謝です!!