BLOG

昨日の朝日新聞記事


昨日の朝は、ちょっと嬉しくなる記事を見つけました。

以下、記事抜粋します。

知的障害のある子どもたちを芸能界に送り出そうと、タレント事務所が3年前に設けた障害児専門クラスから今春、初の連続ドラマ出演者が決まった。障害者が演じるのが当たり前になることを目指した試みの、大きな一歩になる。
出演するのは、企画会社(東京都渋谷区)が運営する知的障害児専門の「芸能部子どもSPクラス」に所属し、オーディションで選ばれたダウン症児。~(省略)~
「障がいへの理解が進まないのはメディアへの露出が少ないためでは」と考え、欧米のように障害者がテレビや映画に出るのが当たり前の社会を目指した。

…とありました。
障がいへの理解…。
最近でこそ、街で見かけることは増えたけれど、いきなり話しかけるわけにもいかないしほとんどの人は接することは無いに等しいんじゃないかと思います。
家から出られる方はもっともっと出て来て欲しいですね。いや、出てこれる環境を障がいのない者が整えないといけないと思います。障がいをお持ちの方には、ここをもっとこうしてくれると過ごしやすいんだよ!と注文を出して欲しいですねo(^-^)o
障がいを持っていない私でももっと親切な街作りをしてほしいなと思うくらいですから、沢山願いがあるのではないでしょうか。

レストランでも居酒屋でも美容院でもエステでも洋服屋でも遠慮しないで行ける環境になるべきだと思います。
メディアへ露出されるようになったり接する機会が増えてくると、偏見が無くなっていきそれが当然の社会へなっていくのではないかと、この記事を見て嬉しくなりました(^_^)

Comment-form