BLOG

ロイヤルウェディング


今夜はウィリアム王子ロイヤルウェディングの報道を見ました。

やっぱり気になっていたのは、ウェディングドレス!

ダイアナ元妃のエリザベス・エマニュエル氏のドレスの印象が大きいので今度は誰が作ったのか気になってました。

なんと、アレキサンダーマックイーン氏の後継者(サラ・バートン氏)だった。
現代ファッションのイギリス代表といったところでしょうか。
マックイーンが亡くなったときは衝撃でした(-_-||)

今回のベールの短さには少し驚きでした。
多分ダイアナ元妃のインパクトが大きかったからでしょう。
大聖堂ではドレスよりずっと長く引きずってくるだろうと勝手にイメージしてました(^_^;A)

トレーンのカッティングも無駄のない綺麗なラインと素材もご本人を至極自然体に見せていました(^o^)

やっぱり、一生のうちに1着は、ため息が出るほどに美しいドレスを作りたい。

ドレスを作るとき、いつもそれを想像するのですが、現実は力量不足で…。
オートクチュールを学びたいと今でも思う。
仏サンディカの学校へ行きたかったな。
こどもっち育て上げて、おばあちゃんで留学を夢見てます(笑)

今日は、偏頭痛と左顔面痛がひどいためもう休みます…(-_-||)
何だろ、鼻詰まりか抜歯待ちの虫歯か…
ホッペの骨?が痛くて頭がぐわんぐわんします(-_-||)

おやすみなさい

Comment-form